afl-winner-indicatorのトレード方法とダウンロード

afl-winner-indicatorとは

afl-winner-indicatorは一言で言えば、「オシレーター系の平均足」です。

画像だけを見れば、このafl-winner-indicatorの色の反転だけで勝てるように思われるかもしれませんが、それだけではもちろん継続的には勝てません。

オシレーター系インジケーターである以上、トレンドになれば上限下限に張り付きになりますし、ダマシも当然あります。

ただ「オシレーター系の平均足」と言われるだけあって、頻繁に色の転換があるわけではなく、比較的トレード判断がしやすいインジケーターです。

 

afl-winner-indicator・RSI・ストキャスティクスの動きの比較

このように同じオシレーター系インジケーターであるRSIやストキャスティクスは、値動きに敏感で、頻繁にラインが反転しますが、afl-winner-indicatorは一度反転すると、その方向性を維持しやすいのです。

つまり他のオシレーター系インジケーターに比べて、しっかりと方向性の反転を捉えるインジケーターと言えます。

afl-winner-indicatorの特徴

afl-winner-indicatorは特徴的にMACDと似ています。

MACDはそもそもオシレーター系インジケーターではありますが、チャート的に上限下限はありません。

つまりトレンド系インジケーターとしての使い方もできるインジケーターです。

afl-winner-indicatorはチャートの上限下限はありますが、方向性を維持しやすいため、期間設定によってはトレンド系インジケーターとしても使えるわけです。

その特徴がMACDと似ているわけです。

MACDとafl-winner-indicatorの比較

MACDの方が得られる情報が多いため、単純に比較すればMACDの方がトレードしやすいですが、逆にシンプルにトレード判断をしたいのであれば、afl-winner-indicatorの方が使いやすいと言えます。

ただどちらを使うにしても、他のインジケーターとの組み合わせが重要ですので、まずは単独で表示させ、afl-winner-indicatorの動きの特徴をつかんで下さい。

 

逆張り的な側面と順張り的な側面

afl-winner-indicatorはオシレーター系インジケーターであると同時に、トレンド系インジケーターとしても利用できるとすでに書きました。

他のインジケーターと組み合わせたトレード例は後述しますが、インジケーターとしての特徴を理解しておいて下さい。

 

まず逆張り的な側面では、シンプルに色の反転がエントリーサインとなります。

ただすでに解説した通り、オシレーター系インジケーターの「平均足」と言われていますので、RSIやストキャスティクスなどと比較して、反転サインは遅くなります。

ダマシが少なくなる分、エントリータイミングは遅れてしまうのがデメリットになります。

afl-winner-indicator・RSI・ストキャスティクスの反転タイミング比較

この場合は他のオシレーター系インジケーターと同じく、トレンド系インジケーターと組み合わせて環境認識を行う事で、そのデメリットをカバーする事ができます。

 

次に順張り的な側面ですが、色の反転と言う逆張り的な意味だけでなく、afl-winner-indicatorが反転する位置にも注目します。

逆張り的に考えれば、なるべく反転位置は低い(ショートエントリーの場合は高い)方が優位性は高くなります。

しかし順張り的に考えれば、インジケーターが下がりきらずに(ショートエントリーの場合は上がりきらずに)反転するという事は、それだけ上昇(ショートエントリーの場合は下降)のエネルギーが強いという事になります。

 

しかしこの順張り的な使い方では、トレンドが出ていないと意味がありませんので、トレンド系インジケーターはもちろんですが、ボリュームも判断できるインジケーターも併用する必要があります。

afl-winner-indicatorのパラメーター設定

まずはafl-winner-indicatorのパラメーター設定です。

 

パラメーター設定ですが、変更できる項目は「PERIOD」と「AVERAGE」です。

パラメーターの【PERIOD】数値の比較

「PERIOD」は他のインジケーターのパラメーターと同じで、計算する「期間」つまり「ローソク足の数」の事です。

この数値を高くすれば、より多くの期間を計算する事になるため、長期的な動きになります。

【PERIOD】を20にした場合と50にした場合を比較してみます。

【PERIOD】の数値を大きくすれば、反転のタイミングがさらに遅くなり、反転の位置も変わってきますが、より長期的な判断ができるようになります。

 

パラメーターの【AVERAGE】数値の比較

AVERAGE」は平滑化の数値で、この数値を高くすれば、細かいノイズが少なくなります。

つまりより滑らかな動きになるという事になります。

 

デフォルトでは(10,5)の設定になっていますが、どのようなトレードを行うかによって、数値を変えていきます。

これはどの数値が正解と言うものはなく、トレードスピード、つまりスキャルピングをしたいのか、それともデイトレードを行いたいのかなどによって違ってきます。

いろいろとパラメーターを変えて、自分のトレードスタイルに適したパラメーター数値を探って下さい。

afl-winner-indicatorのトレード例

afl-winner-indicatorには逆張り的な側面と順張り的な側面がある事はすでに解説しましたが、トレード例でも逆張りと順張りのそれぞれを解説します。

基本的な逆張りトレード例

すでに解説した通り、逆張り、つまり値動きの反転を狙うわけですから、ただafl-winner-indicatorの反転でトレードするのではなく、その反転の方向に相場が動いているかを判断する必要があります。

ただafl- winner-indicatorについてすでに解説した通り、他のオシレーター系インジケーターと違うのが、平均足的な特徴があるので、反転タイミングは遅くなりがちになります。

その分細かいノイズが少なくなるメリットはあるのですが、トレードではメリットよりも、デメリットを他のインジケーターでカバーする必要があります。

逆張りで利用する場合、環境認識、つまり方向性判断を併せてする必要がありますが、その環境認識をより高い精度で行う必要があります。

そうする事で、逆張り的なエントリータイミングが多少遅くなっても、しっかりとそこで反転し、利益方向にレートが動きやすくなります。

そこでおすすめのインジケーターがi-Regrです。

i-Regrのトレード方法とダウンロードはこちら

i-Regrは指定した期間のレートの流れをハイローラインで表示するインジケーターですが、リペイントしますので、直近の値動き分析で利用します。

 

トレード方法はシンプルで、i-Regrのハイローラインが向いている方向で、afl- winner-indicatorが反転すればエントリーになります。

このハイローラインの向きも、角度がある方が理想的ですが、その感覚はトレードしながらコントロールして下さい。

またハイローラインが平行であれば、逆張りのチャンスですので、afl- winner-indicatorの反転ごとにエントリーしてもいいですが、少しでもハイローラインに角度がついてきたら、気を付けるようにして下さい。

 

応用的な順張りトレード例

順張りとして使うと言いましても、エントリータイミングは逆張りと同じく、afl- winner-indicatorの色の反転です。

またi-Regrの使い方も同じですが、逆張りではないので、i-Regrが平行状態ではトレードは行いません。

 

逆張りと順張りの違いは、色の反転の位置になります。

逆張りは上限下限に近い位置での反転でエントリーになりますが、順張りは上昇であれば50ラインより上での上昇反転、下降であれば50ラインより下での下降反転でエントリーになります。

オシレーター系インジケーターの特徴として、トレンドが出始めると、そのトレント反対には進みにくくなります。

つまり上限下限まで到達せずにトレンド方向に反転しやすくなります。

そのためトレンド方向にエントリーする時に、afl- winner-indicatorの逆の上限下限到達を待っていても、そのチャンスが来ない事が多いのです。

 

また弱いトレンドでしたら50ラインより上か下に限らず、チャート途中で反転しますが、トレンドが弱いという事は、そのまま強いトレンドにならずにレンジに収束する可能性が高くなりますので、ダマシになりやすくなります。

50ラインは、トレンドが強いか弱いかの判断基準として使うようにして下さい。

 

afl-winner-indicatorのダウンロード

ダウンロードは以下のリンクを右クリックし、【対象をファイルに保存】を選んで、任意の場所に保存して下さい。

afl-winner-indicatorをダウンロードする