MT4の画面構成と操作の基本

最初にMT4を使いこなす上で、MT4の画面構成と操作の基本について解説しますが、特に覚えようとしなくても結構です。

構成画面も基本的な操作方法も、トレードをしていれば必ず目にしますし、行う事ですので、頭が自然に覚えていきます。

とりあえず「こうなってるんだな」程度で構いませんので、一度最後まで目を通して下さい。

MT4の画面構成

画面構成が多くのパーツで構成されていますので、いくつかのパーツに分けて解説していきます。

 

①メニューバー

MT4の全ての操作がこのメニューに格納されていますので、まずはこのメニューバーから操作を覚えるようにして下さい。

②ツールバー

メニューの中の主要な機能がアイコンで表示されており、慣れてくればここから操作するとスピーディーにコントロールできるようになります。

③気配値ウィンドウ

現在値やスプレッドなど、取引できる通貨ペアの情報が表示されます。

よくトレードする通貨ペアだけを表示させたり、カスタマイズも可能です。

④データウィンドウ

選択したチャートの情報が表示されますが、カスタムインジケーターを開発するなどの、上級者向けの機能です。

インストール直後は非表示になっていますので、特に使う事がなければ非表示のままで問題ありません。

⑤チャートウィンドウ

トレードに必要な通貨ペアの値動きをチャートで確認できるメイン機能になります。

インジケーターもこのチャートウィンドウに表示され、テクニカル分析には必須のウィンドウになります。

 

 

⑥ナビゲーターウィンドウ

取引口座アカウントの切り替えやインジケータ・EAを一覧で表示されます。

インジケーターをチャートに反映させる時は、このウィンドウから追加します。

⑦ターミナルウィンドウ

口座残高や必要証拠金、エントリー中のポジションの状態、FX会社からのメールなどの情報を確認出来ます。

⑧ストラテジーテスター

自動売買プログラム(EA)の検証が行えるウィンドウです。

自動売買を行わなければ使わない機能ですので、インストール直後は非表示になっています。

MT4操作の基本

MT4操作の基本について解説します。

FXトレードを行う上で必ず行う操作になりますので、実際にMT4を使いながら、ご覧頂ければと思います。

新規チャートを追加する

パソコンでのMT4では、複数のチャートを一度に表示させることが可能です。

インストール直後は4通貨ペアのチャートウィンドウが表示されていますが、これを自由に追加・非表示する事が出来ます。

新規チャートを追加する方法は、【メニューバー】から追加する方法と【ツールバー】から追加する方法があります。

 

メニューバーから新規チャートを追加する

メニューバーの[ファイル]→[新規チャート]とクリックし、追加したい通貨ペアをクリックします。

 

また[ウィンドウ]→[新規チャート]をクリックしても表示できます。

 

ツールバーから新規チャートを追加する

ツールバーの[新規チャート追加]のアイコンをクリックし、追加したい通貨ペアをクリックします。

 

通貨ペアを変更する

表示中のチャートの通貨ペアを変更する方法です。

気配値ウィンドウで変更したい通貨ペアをクリックして選択し、チャートウィンドウまでドラッグアンドドロップする事で通貨ペアの変更が出来ます。

 

ローソク足・バーチャート・ラインチャートを切り替える

MT4には[ローソク足][バーチャート][ラインチャート]の3パターンが用意されています。

アイコンをクリックすれば、チャート種類を切り替える事が出来ます。

 

時間足を変更する

ツールバーから時間足を変更する事が出来ます。

MT4では1分(M1)・5分(M5)・15分(M15)・30分(M30)・1時間(H1)・4時間(H4)・1日(D1)・1週間(W1)・1カ月(MN)の9種類が用意されていますので、時間アイコンをクリックすることで時間足を変更する事ができます。

 

ここまでがMT4の基本的な操作方法ですが、MT4にはもっと多くの機能が搭載されています。

ここで解説した基本的な操作方法と、次のページで解説する【MT4の売買方法】で、実際にトレードする事は出来るようになります。

デモトレードで実際にトレードを行いながら、他の機能と操作方法を覚えていって下さい。