MT4での売買方法

ここでは実際にMT4を使って売買注文を出す方法を解説します。

MT4でのメイン操作になりますので、デモトレードで練習し、本番のトレードではスムーズに操作できるようになって下さい。

エントリー画面を開く

エントリーには7つの方法があります。

まずは全ての方法を試して、操作しやすい方法を選んで下さい。

チャート上からのエントリー方法

エントリーしたい通貨ペアのチャートウィンドウ上で【右クリック】し、【注文発注】→【新規注文】をクリックしていくと、発注ウィンドウが開きます。

 

ツールバーからのエントリー方法

注文を出したい通貨ペアのチャートウィンドウをクリックして選択し、ツールバーの【新規注文】をクリックしますと、発注ウィンドウが開きます。

 

メニューバーからのエントリー方法

メニューバーの【ツール】→【新規注文】とクリックしますと、発注ウィンドウが開きます。

 

気配値ウィンドウからのエントリー

気配値ウィンドウで注文したい通貨ペアを右クリックし、表示されたメニューの【新規注文】をクリックしますと、発注ウィンドウが開きます。

 

ショートカットキーからのエントリー

WindowsではF9のショートカットキーで、発注ウィンドウが開きます。

 

板注文画面からのエントリー

注文したい通貨ペアのチャートウィンドウ上で右クリックします。

表示されたメニューから【板注文画面】をクリックしますと、板注文ウィンドウが開きます。

 

板注文は現在レートから一定幅のレートが一覧表示され、注文したいレートの横の矢印をクリックする事で、発注ウィンドウが開きます。

発注ウィンドウで、注文レートを入力する手間が省けるのがメリットです。

 

ワンクリックトレードからのエントリー

ワンクリックトレードボタンをクリックすると、発注ウィンドウが開きます。

 

ワンクリックトレードが表示されていない場合は、チャート上で【右クリック】→【ワンクリックトレード】とクリックします。

 

注文方法

注文方法は、主に次の6つの方法があります。

①成行注文 ②指値注文 ③逆指値注文 ④OCO注文 ⑤IFD注文 ⑥IFO注文

効率的なトレードをするために、全ての注文方法を覚えておいて下さい。

 

成行注文

現在レートで約定させる通常の注文方法で、エントリールールが決まっている場合は、ほとんどがこの注文方法になります。

 

注文種別で【成行注文】を選択し、【成行売り】か【成行買い】をクリックすると、注文が約定します。

どの注文にも言える事ですが、【数量】を必ず確認するようにして下さい。

 

指値注文(逆張り注文)

あらかじめ決めた価格になったら注文を実行する注文方法で、今の価格より低い価格で買い注文指定し、今の価格より高い価格で売り注文指定します。

【指値注文例】

現在1ドル100円のドル円が99円に下がったら買い注文(Buy Limit)指定する
現在1ドル100円のドル円が101円に上がったら売り注文(Sell Limit)指定する

 

注文種別で【指値注文】を選択し、さらにその下の注文種別で【Buy Limit】か【Sell Limit】を選択します。

価格に指値レートを入力し、【発注】をクリックします。

 

逆指値注文(順張り注文)

あらかじめ決めた価格になったら注文を実行する注文方法は指値注文と同じですが、今の価格より高い価格で買い注文指定し、今の価格より低い価格で売り注文指定する注文方法です。

【逆指値注文例】

現在1ドル100円のドル円が101円に上がったら買い注文(Buy Stop)指定する
現在1ドル100円のドル円が99円に下がったら売り注文(Sell Stop)指定する

 

注文種別で【指値注文】を選択し、さらにその下の注文種別で【Buy Stop】か【Sell Stop】を選択します。

価格に指値レートを入力し、【発注】をクリックします。

OCO注文

同時に2つの注文を出しておき、どちらかが成立したらどちらかをキャンセルするという注文方法です。

通常はエントリーにも決済にも使える注文方法ですが、MT4/MT5では決済注文でしか設定出来ません

 

ターミナルウィンドウの保有中のポジションの上で【右クリック】し、表示されたメニューから【注文変更または取り消し】をクリックします。

 

決済逆指値(損切り値)と決済指値(利確値)を入力します。

この時【下段にコピー】をクリックすれば、現在値が自動的に入力されますので、全桁入力する手間が省けます。

入力しましたら、下段のボタンをクリックします。

 

【OCO注文例】

1ドル100円で保有している買いポジションを、101円の利確指値と99円の損切り逆指値で指定する

 

IFD注文

新規注文と決済注文を同時に発注する注文方法で、一つ目の注文が約定しない限り、二つ目の注文が約定することはありません。

新規のエントリーとあらかじめ損切り設定だけしたい場合、もしくは新規のエントリーと利確設定だけしたい場合に利用します。

IFD注文は注文設定時に「損切りレートは決まっているが、利確は相場状況で決めたい」「利確決済になる可能性が高いトレードで、万が一逆行した場合には、裁量で損切りレートを決めたい」という場合に利用するため、すでに利確損切りレートが決まっている場合は、次に解説する【IFO注文】を利用します。

注文画面は、次の【IFO注文】でまとめて解説します。

 

【IFD注文例】

1ドル100円のドル円が95円に下がったら買いエントリー指定し、101円で売り決済指定
1ドル100円のドル円が101円に上がったら売りエントリー指定し、99円で買い決済指定

 

IFO注文

IFO注文は、IFD注文とOCO注文の両方を組み合わせた注文方法になります。

新規の指値もしくは逆指値注文と損切注文と利益確定注文がすでに決まっている場合は、この注文方法を使うと全自動でトレード出来ますので便利です。

 

新規注文画面で、まずエントリー注文を設定しますが、これはすでに解説した【指値・逆指値】注文と同じです。

そして【決済指値】と【決済逆指値】は、これもすでに解説した【OCO注文】と同じです。

つまりこの両方の注文を同時に行うのが【IFO注文】という事になるわけです。

入力が完了しましたら【発注】をクリックします。

 

【IFD注文例】

現在1ドル101円のドル円が100円に下がったら買いエントリー指定し、エントリー成立後101円に上がったら指値売りエントリー指定、99円に下がったら逆指値売りエントリー指定
現在1ドル100円のドル円が101円に上がったら買いエントリー指定し、エントリー成立後102円に上がったら指値売りエントリー指定、100円に下がったら逆指値売りエントリー指定

決済方法

決済方法は2つあり、どちらもターミナルウィンドウから行います。

【取引】タブをクリックし、決済したいポジションで【右クリック】→【決済注文】とクリックしますと、決済注文ウィンドウが表示されます。

 

【成行決済】ボタンをクリックしますと、そこで決済が実行されます。

 

もう一つの決済方法は、決済したいポジションの【損益】の横にある×マークをクリックします。

そうしますと上記と同じ決済注文ウィンドウが表示されますので、【成行決済】ボタンをクリックします。

以上がMT4での売買方法になります。

必ず使う機能ですので、しっかりと覚えるようにして下さい。