MT4(メタトレーダー4)のダウンロードとインストール

このページではMT4のダウンロード方法とインストール方法について解説していきます。

MT4はMetaQuote社の公式サイトからもダウンロード出来ますが、各FX会社のサイトからもダウンロード可能です。

手順はどこからダウンロードしても変わりませんので、ここではVirtueForexと言う海外FX会社の公式サイトからMT4をダウンロード・インストールしていきます。

VirtueForexの公式サイトはこちら

MT4(メタトレーダー4)のダウンロード

VirtueForex MetaTrader4のダウンロード】Windows版』をクリックします。

『保存』をクリックし、実行ファイルをダウンロードします。

※『実行』をクリックしますとすぐにMT4のインストールが始まりますが、MT4を再インストールする時には、実行ファイルを保存しておいた方が再ダウンロードする手間が省けますのでおすすめです。

 

パソコンの【ダウンロード】にvirtuetechnology4setup.exeがダウンロードされますので、わかりやすい場所に移動しておきます(このまま【ダウンロード】に置いていても結構ですが、デスクトップなどに移動しておくと後で便利です)。

 

MT4(メタトレーダー4)のインストール

virtuetechnology4setup.exeをダブルクリックしますと、MT4のインストールが始まります。ライセンス同意書の『次へ』をクリックします。

 

MT4のインストールが始まります。完了しましたら以下の画面になりますので『完了』をクリックします。

 

取引サーバ選択画面になりますので、VirtueTechnology-Liveを選択し、『次へ』をクリックします。左上に【デモ口座の申請】とありますが、これはこのままで大丈夫です。

 

すでにFX会社で口座開設している場合は、アカウントタイプで【既存のアカウント】を選択し、VirtueForexで口座開設した際のメールに記載されている『ログインID』と『パスワード』を入力します。入力が終わりましたら、『完了』をクリックします。

 

MT4の初期画面が表示されればインストールが完了です。

 

MT4(メタトレーダー4)の【回線不通!】【無効な口座】表示

ここで最終的なVirtueForex口座へのログインおよび稼働の確認をします。まず右下の数字が動いているかの確認ですが、次のように数字が動いていれば稼働状態です。

 

ここに上図のような数字ではなく、【回線不通!】や【無効な口座】と表示される時があります。

これはMT4が動いていない時の表示であり、このままではMT4を利用できませんので、以下の対処法をお試し下さい。

MT4の入力情報の確認

FX会社から提供されたアカウントやパスワードのログイン情報を確認して下さい。

また入力内容が間違っていなくても、コピペでは認証されない場合がありますので、面倒でも直接タイピングで入力して下さい。

口座開設完了の確認

【無効な口座】と表示される場合の原因として考えられるのは、VirtueForex側の口座開設手続きが完了していない事です。

VirtueForexから口座開設完了メールが届いているかを確認して下さい。

回線トラブルの確認

【回線不通!】と表示された時には、インターネット回線トラブルの可能性がありますので、回線状態を確認して下さい。

休日の確認

土日・正月・クリスマス(一部時間帯)は、取引が休みのためレートが動きませんので、MT4のインストールを行っても稼働しません。

この場合は翌日もしくは翌々日に稼働の確認をして下さい。

 

MT4(メタトレーダー4)の【アップデート待機中】表示

またもう一つのエラーパターンが【アップデート待機中】と表示され、チャートが見られないパターンです。

これはチャート表示エラーで、次の対処法をお試し下さい。

①【アップデート待機中】と表示されているチャートの上で、「右クリック」でメニューを表示させ、「更新」をクリック

②【アップデート待機中】と表示されている対象の通貨ペアを気配値表示から選択し、その選択した通貨ペアをアップデート待機中へドラッグアンドドロップ