RCI_3Lineのトレード方法とダウンロード

RCI_3Lineとは

RCIは多くのトレーダーに利用されているインジケーターですが、そのRCIを短期・中期・長期の3本ラインで表示させ、よりエントリータイミングの精度を高めるインジケーターになります。

RCIはMT4に入っていませんので、カスタムインジケーターとしてインストールしなければなりませんので、このRCI_3Lineをインストールしておけば、パラメーター設定で単独表示でも複数表示でも出来るようになります

RCIは単独でも効果的なインジケーターになりますが、どんなに効果的なインジケーターでも「ダマシ」は必ずあります。

期間を変えたRCIを3本表示させることで、より相場の現状認識ができるようになり、「ダマシ」を回避する効果も高くなります。

単独のRCIとRCI_3Line

RCI_3Lineは同じRCIの期間を変えただけですので、どうしても完全に弱点をクリアできるわけではありません。

RCIはオシレーター系インジケーターではありますが、トレンドにも柔軟に対応できるインジケーターです。

しかしオシレーターの上下変動幅が決まっている以上、その変動幅を超える値動きにはどうしても対応し切れません。

またパラメーター設定期間にもよりますが、オシレーター系インジケーターの中でも、比較的エントリーサインが多いインジケーターになります。

そのためこのRCI_3Lineの弱点をカバーするインジケーターは、トレンド相場時に変動幅を補完するものであり、さらにRCIの多いエントリーサインをさらに絞り込むものである必要があります。

RCIとRSIの違い

RCIと似たインジケーターにRSIがあります。

どちらも同じオシレーター系インジケーターであり、固定変動幅を上下するラインで表示されますが、計算方法や使い方は全く異なります。

このRCIとRSIの違いと特徴を理解しておきませんと、効果的なトレードが出来ません。

計算方法や難しい理論などは知る必要はありませんが、ここで基本的な内容だけは理解しておいて下さい。

まず特徴の違いとしては、RCIの方がRSIと比較して動きがスムーズですので、今回のRCI_3Lineのように、複数期間のラインを表示させる事で、より俯瞰した分析が可能になるのです。

RSIは動きが細かく、複数表示させても分析がしにくくなるだけです。

またRCIは逆張り順張りどちらでも使えますが、RSIは逆張り専用と言ってもいいでしょう。

つまりRCI自体は逆張りのオシレーター系インジケーターですが、RCI_3Lineとして使う事で、トレンド系インジケーターにもなり得るのです。

実際に使ってみる事でこのRCIとRSIの違いは実感できるかと思いますが、まずはこの基本的な違いだけは知っておいて下さい。

RCI_3LineとRSIの比較

またよりエントリータイミングの精度を高めるためにRCIとRSIを併用する方もいますが、管理人的にはあまりおすすめできません。

もちろん併用する事で勝てるようであれば問題はないのですが、RCIもRSIも同じオシレーター系インジケーターですので、補完し合う要素が少ないのです。

つまりエントリータイミングの精度を高めるメリットよりも、エントリーチャンスを逃すデメリットの方が大きいのです。

RCIにしてもRSIにしても、併用するよりも他のインジケーターと併用した方が効果的なトレードが行える可能性が高くなります。

RCIとRSIのどちらが自分のトレードスタイルに合っているかをまず判断するのが必要になります。

RCI_3Lineのトレード例

実際のトレード例の解説の前に、RCI_3Lineのパラメーターの設定について解説します。

RCI_3Lineのパラメーター設定

パラメーター設定ですが、変更する項目は3つのラインの「期間」のみです。

これは他のインジケーターでも同じですが、まず使い慣れるまではデフォルトのままで使って下さい。

管理人もRCI_3Lineでは、このデフォルトの(9,26,52)のままで使っていますが、変更するのであれば、短期線は[9]のままで、中期線と長期線のみを変更するようにします。

短期線はエントリータイミングを決める上で重要なラインであり、最適値をデフォルトで設定してあるからです。

中期線と長期線を変更する事で、方向性の判断が変わってきますので、まずはデフォルトのままで使用し、実際にトレードしながら調整するようにして下さい。

RCI_3Lineのトレード例

すでに解説しましたが、RCI_3Lineの弱点をカバーするインジケーターは、トレンド相場時に変動幅を補完するものであり、さらにRCIの多いエントリーサインをさらに絞り込むものである必要があります。

そこでRCI_3Lineと最も相性が良いインジケーターは【ボリンジャーバンド】です。

【ボリンジャーバンド】は元々トレンド系インジケーターとして開発されましたが、逆張り用として使う事が一般的となっています。

つまりRCIの弱点である「トレンド相場時の変動幅」と「多いエントリーサインをさらに絞り込む」ために、トレンド系とオシレーター系の2つの機能を持つ【ボリンジャーバンド】が最適なのです。

具体的なトレード手法としては、まず【ボリンジャーバンド】がミドルラインとσラインも同じ方向を向いている事が必須条件です。

その方向にRCI_3Lineの短期線と中期線、もしくは短期戦と長期線がクロスしたポイントがエントリーサインとなります。

まずRCI_3Lineだけですと、どうしても100や-100に近づくとエントリーをためらいがちですが、トレンドで伸びる時はそんな変動幅は全く関係なくなります。

しかしどこでそのトレンドの判断を行うかと言うと、それが【ボリンジャーバンド】の向きなのです。

【ボリンジャーバンド】にトレンド傾向が出れば、その時こそRCI_3Lineの出番になります。

短期線の反転だけでは「ダマシ」が多くなりますので、「クロス」まで待つ事で、エントリーを絞り込むわけです。

必ず短期線とのクロスでエントリーして下さい。

中期線と長期線のクロスでは、エントリータイミング的に遅くなってしまいますので、必ず短期戦と中期線、もしくは短期戦と長期線のクロスでエントリーするようにして下さい。

決済はエントリーしたクロスの逆クロスで良いでしょう。

上記例はロングエントリーですが、ショートエントリーは以下のパターンです。

そしてもう一つは、MACDと併用したトレードです。

MACDもトレンド系とオシレーター系の2つの機能を持つインジケーターですので、RCI_3Lineの弱点をカバーしてくれるインジケーターです。

トレードの考え方はボリンジャーバンドと同じで、MACDがシグナルより上で推移し、上昇方向であればRCI_3Lineの短期線と中期線、もしくは短期戦と長期線のクロスでエントリーになります。

ショートエントリーはその逆になります。

ボリンジャーバンドを使うかMACDを使うかは、どちらが使いやすいかですので、どちらでも大差はありません。

実際のトレードで使ってみて、相性が良い方を使って下さい。

RCI_3Lineのダウンロード

ダウンロードは以下のリンクを右クリックし、【対象をファイルに保存】を選んで、任意の場所に保存して下さい。

RCI_3Lineをダウンロードする