HeikinAshiSmoothed(平均足スムーズド)のトレード方法とダウンロード

HeikinAshiSmoothed(平均足スムーズド)とは

平均足はデフォルトでMT4にも搭載されていますが、この平均足を平滑化し、方向性の判断をしやすくしたのがHeikinAshiSmooothedになります。平均足はローソク足の動きを分かりやすく表示させたもので、移動平均線(Moving Average)の一種になります。つまりローソク足を「平均化した平均足」をさらに「平均化」したインジケーターという事になります。

ご覧の通り、通常の平均足よりも平滑化され、レートの動きに対してゆっくりと反応します。つまり値動きに敏感なのは通常の平均足ですが、このHeikinAshiSmoothedは値動きと言うよりも、相場の流れを判断するためのインジケーターと言えます。

また平均足の本体の長さも連続的に変わってくるのも、このHeikinAshiSmoothedの特徴です。トレンドが強く伸びるほどHeikinAshiSmoothedの本体が長くなり、トレンドの勢いが弱くなれば、徐々に本体が短くなってきます。つまりこの本体の長さで、相場の勢いや方向性転換の判断材料になります。

【通常の平均足とHeikinAshiSmoothed(平均足スムーズド)を表示】

 

このHeikinAshiSmoothedだけを見ていれば、ただ方向の転換(赤と青の色の転換)だけでトレードすれば勝てそうに見えますが、いくら平滑化しても、レンジ相場が続けば方向性も頻繁に変わります。このHeikinAshiSmoothedに限らず、「だまし」を完全に回避する事は出来ません。

そこで効果的にインジケーターを利用するには、組み合わせが重要になります。具体的な組み合わせについては、この後解説しますが、インジケーターを組み合わせるという事は、お互いのインジケーターのデメリットを補い合うという事です。つまりHeikinAshiSmoothedに関して言えば、このレンジ相場での「だまし」を、少しでも減らす効果のあるインジケーターと組み合わせるべきなのです。

 

HeikinAshiSmoothed(平均足スムーズド)のトレード例

まずはHeikinAshiSmoothedのパラメーター設定です。

HeikinAshiSmoothedのパラメーター設定項目は次の4つです。

1.MAMethod(MAの種類)
2.MAPeriod(MAの期間)
3.MAMethod2(MAの種類)
4.MAPeriod2(MAの期間)

すでに解説した通り、HeikinAshiSmoothedは、まずはローソク足を平均化し、さらにその平均化した平均足を平均化しています。つまり2段階で平均化しているわけです。この4つのパラメーターのうち「1.MAMethod」と「2.MAPeriod」が第1段階の平均化のパラメーターで、「3.MAMethod2」と「4.MAPeriod2」が第2段階の平均化のパラメーターです。

移動平均MAの種類番号は以下の通りです。

0=単純移動平均線(SMA)
1=指数平滑移動平均(EMA)
2=平滑移動平均線(SMMA)
3=線形加重移動平均線(LWMA)

つまり段階ごとに使用するMAと期間を設定できるわけです。デフォルトの数値は上から【0,1,3,2】になっていますが、どのように平均化するのが最適化は、トレード手法によってもトレードスタイルによっても違ってきます。まずは設定項目の内容を理解しておいて下さい。管理人の場合は【1,5,1,10】で設定しています。

先ほどこのHeikinAshiSmoothedは値動きと言うよりも、相場の流れを判断するためのインジケーターと解説しました。パラメーター設定につきましては後述しますが、このパラメーター設定で「期間」を変えることで、エントリータイミングを取るインジケーターにもなり得ます。

期間の数値を大きくすれば、長い期間を見る事になり、HeikinAshiSmoothedの動きは滑らかになり、数値を小さくすれば、HeikinAshiSmoothedの動きは敏感になります。MAの種類よりも、この期間の方が重要になります。

【HeikinAshiSmoothed(平均足スムーズド)とボリンジャーバンド】

このHeikinAshiSmoothedの特徴を考えますと単体でのトレードは避け、ボラティリティを判断できるインジケーターと組み合わせるのが効果的になります。

そこで効果的なのがボリンジャーバンドを組み合わせです。

 

バンドがスクイーズで広がっていればボラティリティが高いと判断します。逆に言えばバンドが収束したり、バンド幅が狭い場合は、トレードを見送ります。

ボリンジャーバンドはオシレーター系インジケーターとして、逆張りによく使われますが、元々ボリンジャーバンドはトレンドフォロー系、つまり順張りインジケーターとして開発されました。そのためこのようなトレンドフォロー的な使い方の方が効果的なのです。

【期間を変えたHeikinAshiSmoothedの複数表示】

または複数の期間を変えたHeikinAshiSmoothedを表示させて、長期・中期・短期で3本の方向性が同じ場合にエントリーするという手法も効果的です。管理人の場合は以下のように、MAMethod2の期間だけ変えて、トレードしています。

長期=【1,5,1,10】 中期=【1,5,1,50】 短期=【1,5,1,100】

 

HeikinAshiSmoothed(平均足スムーズド)のダウンロード

ダウンロードは以下のリンクを右クリックし、【対象をファイルに保存】を選んで、任意の場所に保存して下さい。

HeikinAshiSmoothedをダウンロードする