i-Regrのトレード方法とダウンロード

i-Regrとは

i-Regrはボリンジャーバンドやエンベロープに似たインジケーターで、ハイラインとローライン、センターラインの3本のラインで構成されているレジサポ系インジケーターです。

ローソク足の動きのノイズをなくし、レートの動きをスムーズなラインで表示させるため、値動きの方向性をビジュアル的に判断できる特徴があります。

ただしこのi-Regrのデメリットは、「リペイント」する事であり、過去のチャートを見返せば、天底を確実に捉えているように見えますが、これはリペイントしている結果になります。

そのためリアルタイムに動いているチャートでは、直近の値動きに対するラインが表示されますので、あくまでもその時の値動きでの判断になります。

しかし値動きの方向性をスムーズなラインで表示されますので、環境認識やトレード時間足での方向転換の判断では、非常に効果的なインジケーターになります。

i-Regrの特徴

i-Regrの特徴としては、目先の値動きにとらわれずに、大局からのトレード判断が出来る事です。

ボリンジャーバンドやエンベロープに似ているインジケーターである事から、順張りと逆張りの両方に対応できる特徴があります。

 

パラメーター設定については後述しますが、設定する期間によってラインの向きは変わってきますので、まずは複数の期間で検証し、トレードスタイルによって最適な期間を設定して下さい。

i-Regrのリペイントについて

すでにお伝えしたように、i-Regrはリペイントしますので、過去のチャートによる検証は出来ません。

しかしリペイント自体は、それほど大きなデメリットではありません。

そもそも値動きを完全に予測できるインジケーターはありませんので、リペイントしてもしなくても、リアルタイムのインジケーターの状態でトレード判断をする事になるからです。

リペイントするインジケーターの利用を避けるトレーダーが多いですが、それはインジケーターに頼りすぎている証拠です。

どんなインジケーターを使っても、基本はローソク足です。

i-Regrはそのローソク足の動きを非常にシンプルにビジュアル化しており、他のインジケーターとの組み合わせ方によっては、かなり強力な武器になります。

トレードと反対方向にリペイントしてくれば、逆にそれが損切り準備のサインにもなりますので、リペイントを逆に利用するという考え方もあります。

i-Regrのパラメーター設定

i-Regrのパラメーター設定ですが、変更する項目は【degree】【kstd】【bars】【shift】の4つですが、まずはデフォルトのままで使ってみて下さい。

その後変更するとしても【degree】と【bars】の2つで十分です。

どのインジケーターでも解説していますが、パラメーターのデフォルト値はインジケーターの開発者が最適と考えている数値ですので、使い込んでいくうちにどうしても変えた方が良いという判断になって初めて変えるべきなのです。

【degree】 はローソク足に対する反応度を変更するパラメーターで、1~8までの数値を設定可能ですが、ほとんどの場合はデフォルトの【3】で問題ありません。

 

【kstd】はハイラインとローラインの幅を変更するパラメーターになります。

環境認識やトレードタイミングで方向性判断を行うのであれば、このパラメーター値は必要ありません。

ライン間の幅が変わるだけですので、方向性判断には全く影響がないからです。

しかし逆張りとしてボリンジャーバンドのような使い方をするのであれば、このライン間の幅を変えることで、ローソク足や他インジケーターがラインにタッチするかどうかに大きな影響が出てきます。

ただこの【kstd】もまずはデフォルトの【2.0】で使ってみて、変更した方が効果的なトレードが出来るというエビデンスがハッキリすれば変更するようにしましょう。

 

次の【bars】のパラメーターが、よく変更するパラメーターになります。

これはi-Regrを計算するローソク足の本数で、数値を小さくすれば直近の値動きに敏感になります。

ただ他のインジケーターと同じく、計算する期間を短くすればそれだけ値動きとの連動性は高くなりますが、逆に「だまし」も多くなります。

 

最後の【shift】ですが、これは変更する必要は全くありません。

 

どの数値が最適かは何とも言えませんが、このi-Regrで何を知りたいのかをはっきりさせておくべきです。

i-Regrを使う目的と期待がはっきりしていませんとトレードもブレてしまい、勝つトレードは出来ません。

そのためにもまずはデフォルトのパラメーター値で使ってみて、i-Regrの動きや特徴を理解する事が大切です。

 

i-Regrのトレード例

i-Regrを使った具体的なトレード手法を2つご紹介します。

逆張りトレード手法と順張りトレード手法となりますので、どちらかあなたのトレードスタイルに合った手法を行うようにして下さい。

 

i-RegrとRCI_3Lineを組み合わせたトレード手法

もっとも王道的なトレード方法は、逆張りインジケーターと組み合わせて、i-Regrが向いている方向への転換を狙う手法です。

私が使っているのは【RCI_3Line】です。

RCI_3Lineのトレード方法とダウンロード

このRCI_3Lineでは短期・中期・長期の3本のRCIラインが表示されますが、エントリータイミングを判断するだけですので、短期ラインのみ使います。

短期ラインの設定値は【9】で、i-Regrの方向が上昇であれば、RCI短期ラインが-80ラインを超えたタイミングでロングエントリーとなります。

逆にi-Regrの方向が下降であれば、RCI短期ラインが80ラインを割り込んだタイミングでショートエントリーとなります。

 

中期ラインと長期ラインを表示させたままでも構いませんが、非表示にした方がチャート画面がシンプルになって良いと思います。

パラメーター設定の【色の設定】で【None】 を選択すれば非表示になります。

またi-Regrがほぼ平行になっている時はレンジとなりますが、その時はRCIを両方向でトレードしてもいいでしょう。

ただその場合に気をつけなくてはいけないのが「ボラティリティ」、つまり「値動きの大きさ」です。

レンジでもレンジ幅が狭い、つまり値動きが小さい時にトレードしても、取れる利益も少なくなり、逆に損切りの方が大きくなる場合があります。

レンジでも、ある程度のボラティリティがある時にトレードするようにしましょう。

 

i-RegrとHeikinAshiSmoothed(平均足スムーズド)を組み合わせたトレード手法

順張りのトレード例としては、【平均足スムーズド】を使うトレード方法です。

平均足スムーズドのトレード方法とダウンロード

先ほどのRCIを使う方法は、i-Regrの方向性、つまり順張りの状況でRCIの反転、つまり逆張りでエントリーする手法でした。

このHeikinAshiSmoothed(平均足スムーズド)を使う場合は、i-Regrの方向性、つまり順張りの状況でさらに平均足スムーズドの方向性の転換と言う順張りでトレードする手法になります。

RCI_3Lineの場合は順張り+逆張りの組み合わせになりますが、平均足スムーズドの場合は、順張り+順張りと言う組み合わせになります。

平均足スムーズドは、MT4に入っている平均足をさらに平滑化したインジケーターになりますので、RCIの逆張りよりもタイミング的には遅くなりますが、その分しっかりと方向性の反転をとらえる事が出来ます。

期間の異なるi-Regr同士を組み合わせたトレード手法

順張りのトレード例としては、【平均足スムーズド】を使うトレード方法です。

まずデフォルトの【bars】=250を長期とし、150を中期、50を短期と、3つのi-Regrを表示させます。

 

3つのi-Regrの方向が揃ったらトレードチャンスになりますが、i-Regrだけでは方向性しか判断できませんので、ローソク足の動きやオシレーター系インジケーターを組み合わせれば良いでしょう。

ただi-Regrはリペイントするインジケーターですが、その分直近の方向性の信用度はかなり高くなります。

ボリンジャーバンドのように、3つのi-Rgerの方向が揃ったあと、ローソク足が長期(250)のi-Regrにタッチしたらエントリーと言う方法もあります。

 

i-Regrのダウンロード

ダウンロードは以下のリンクを右クリックし、【対象をファイルに保存】を選んで、任意の場所に保存して下さい。

i-Regrをダウンロードする