<MT4 操作方法(レベルアップ編):目次>

  1. MT4のチャート挿入機能
    ●ライン挿入機能
    ●図形挿入機能
    ●矢印類挿入機能
    ●テキスト挿入機能
    ●テキストラベル挿入機能
  2. MT4のオプション機能
  3. MT4のバックテスト機能
  4. MT4のメタエディター機能
  5. MT4のテンプレート・組機能
  6. MT4のショートカットキー機能
  7. 勝ちトレーダーが参加する限定無料コミュニティのご案内

 

MT4操作方法(初心者編)の続編として、MT4の操作方法(レベルアップ編)の解説には入ります。

FXトレードは初心者編だけの操作で問題なく行えますが、ここではさらに使いこなすための操作方法を覚えて下さい。

 

すぐには全ての機能を使う事はないと思いますが、どのような事が出来るのかは知っておいた方が良いと思います。

初心者編と同様に、実際にMT4を操作しながらご覧頂ければと思います。

 

MT4のチャート挿入機能

MT4チャートには、図形や矢印・テキストなど、いろいろな挿入機能が搭載されています。MT4に記録を残しておくことで、過去のチャートを振り返る事が出来るようになります。

エントリーした理由やその時の相場状況など、【トレードノート】としての役割も果たしてくれます。

 

ライン挿入機能

MT4のメニューの【挿入】から【ライン】をクリックします。

垂直線・水平線・トレンドライン・角度によるトレンドラインの4種類のラインを選択できますので、表示させたいラインを選択します。

MT4のライン挿入機能

 

①垂直線
垂直線では、縦にラインを引くことが出来ます。エントリーしたタイミングなど、日付や時間軸の記録が残せます。

②水平線
水平線では、横にラインを引くことが出来ます。エントリーしたタイミングの値段の記録が残せます。またトレード中の高値安値の判断に利用できます。

③トレンドライン
トレンドラインでは、任意のポイント間に斜めのトレンドラインを引くことが出来ます。どこからどこまでのトレンドを知りたいのか、始点でクリックし、終点までドラッグしていきます。

④角度によるトレンドライン
角度を指定してトレンドラインを引くことが出来ますが、実際のトレードではほとんど使う事はありません。

<ラインの色・線種・太さの変更>
このラインの色や太さ・線種も変更できます。ライン上で右クリックし、【Vertical Line プロパティ】をクリックしますと、プロパティウィンドウが開きます。

 

ラインの色・線種・太さの変更

ライン変更のプロパティウィンドウ

 

ここで色・線種・太さを変更できます。

 

図形挿入機能

MT4のメニューの【挿入】から【図形】をクリックします。

長方形・三角形・楕円の3種類の図形を選択できますので、表示させたい図形を選択します。

 

Mt4図形挿入機能

 

①長方形
自由な大きさの長方形図形を挿入できます。ある一定の期間の値動き範囲を記録が残せます。

またMT4は異なる時間足に切り替えても、挿入したものは残りますので、長い時間足に図形を挿入し、さらに細かい時間足の動きを一目で確認出来ますので、非常に便利な機能です。

時間足の違いの比較

②三角形
長方形が単純に一定期間の値動きの確認に利用出来るのに対して、三角形はペナントやトライアングルと言われるフォーメーション分析で利用出来ます。長方形と同じように、異なる時間足の比較がしやすい機能です。

三角形の図形挿入

③楕円
楕円形の図形を挿入できますが、実際のトレードではあまり利用機会はありません。楕円も挿入出来るという事だけ覚えておくだけで十分です。

 

矢印類挿入機能

MT4のメニューの【挿入】から【矢印類】をクリックします。矢印やチェックマーク、価格表示が選択できます。特定のポイントや価格表示を記録する事が出来ます。

Mt4矢印類挿入機能

 

テキスト挿入機能

MT4のメニューの【挿入】から【テキスト】をクリックします。

チャートに直接メモを残しておくことが出来ます。

MT4テキスト挿入機能

 

テキストラベル挿入機能

MT4のメニューの【挿入】から【テキストラベル】をクリックします。

チャートにテキストラベルを残しておくことが出来ます。

MT4テキストラベル挿入機能

 

4.のテキストはチャートの特定ポイントに記録しますので、チャートの進捗とともに過去の記録として移動していきますが、テキストラベルはチャートが進捗しても固定で残ります。

テキストはチャート上の特定ポイントへのメモで、テキストラベルはチャート全体へのメモとお考え下さい。

 

MT4の挿入機能には、他にも【チャネル】【ギャン】【フィボナッチ】【アンドリューズ・ピッチフォーク】【サイクル・ライン】があります。

これらはテクニカル手法に付随する機能ですので、テクニカル分析の記事で解説します。

 

MT4のオプション機能

MT4のオプション機能について解説します。さまざまなオプションを設定する事で、使いやすい環境を作る事が可能ですが、MT4の基本的な機能にも影響を及ぼしますので、よく理解してから設定して下さい。

通常のトレードを行うのであれば、設定変更等の必要はありません。

MT4のメニューの【ツール】から【オプション】とクリックしていきます。

MT4のオプション機能

 

オプションウィンドウが開きますので、各タブをクリックして設定します。

 

サーバー

MT4接続先のサーバーや使用するアカウント、パスワードやオプションを設定します。

特別な設定が必要でない限り、変更不要です。

MT4接続先のサーバー設定

 

チャート

チャート表示を設定します。このチャートでよく使うのが【Askラインを表示】【ヒストリー内の最大バー数】【チャートの最大バー数】です。

MT4チャート表示設定

 

①Askラインを表示

MT4の現在値ラインはBidラインです。FXの値段には2種類あり、【Ask】とは「買値」、【Bid】とは「売値」の事で、この差が【スプレッド】になります。

つまりMT4の現在値は売値であり、売りエントリーでは誤差はありませんが、買いエントリーでは成約値と実際の表示値に誤差が生じます。

この誤差をなくすために【Ask】値でもラインを表示させる機能です。

②最大バー数

【ヒストリーの最大バー数】とは、MT4のヒストリーデータに保存されるローソク足の最大本数で、【チャートの最大バー数】とは、チャートを開いた時に表示されるローソク足の本数の事です。

この数字を大きくすればするほど、保存もしくは表示されるローソク足は多くなりますが、それだけMT4の動作は遅くなります。

デフォルトの数字で問題ありませんが、それでもMT4の動作が遅く感じるようであれば、数字を減らしてみましょう。

 

ライン等の設定

ラインに対する動作を設定しますので、必要に応じて変更して下さい。

MT4のライン等の設定

 

①作成後にプロパティを表示
ラインを作成したら、自動的に【プロパティ】ウィンドウを表示させます。

②作成後に“選択”にする
ラインを作成したら、自動的に【選択状態】にします。

③ワンクリックで“選択”にする
ラインを作成したら、ダブルクリックではなく、【ワンクリックで選択状態】にします。

 

取引

取引に関する設定をします。

MT4の取引に関する設定

 

【デフォルトを指定】とすると、直近の取引に関係なく設定した値がデフォルト値として使われます。

 

エキスパートアドバイザ

EA(自動取引)を利用する際に設定します。

EAを利用しなければ設定の必要はありませんが、EAを利用する際も、プログラム提供先に設定の確認をしましょう。

MT4エキスパートアドバイザ(EA)

 

通知設定

この機能はモバイルとの連携機能ですが、ここではモバイル設定の解説は端末ごとの違いもあり省略します。

 

Eメール

有効にすると、MT4からメールを送信することが可能になります。

分析ツールでアラートのメール送信する場合などに使われます。

MT4のEメール設定

 

FTP

FTPは取引履歴を FTP サーバー上へ自動でアップする場合等に使用します。

取引履歴をネット上で公開しないのであれば、設定は必要ありません。

MT4のFTP設定

 

音声設定

アラーム音等、音声に関する設定をします。

トレードには関係ありませんので、特にこだわりがなければ、設定変更の必要はありません。

MT4の音声設定

 

【有効にする】のチェックをはずすと、無音設定となります。

 

コミュニティ

MQL5.community内でのツールやコピートレードなどの注文が行えるサービスですが、現状ではおすすめできる機能ではありません。

 

シグナル

この機能もMQL5.community内のシグナルサービス機能です。

こちらも現状ではおすすめできる機能ではありません。

 

MT4のバックテスト機能

MT4では【ストラテジーテスター】を使って、EA(自動売買システム)やインジケーターのバックテストが出来ます。

EAもインジケーターも実践で利用する前に、どれくらいのトレード効果が期待できるのかを、あらかじめ想定する事が可能です。

それではストラテジーテスターの使い方を解説します。

 

【ストラテジーテスター】ウィンドウを表示させます。MT4メニューの【表示】から【ストラテジーテスター】をクリックします。

MT4のバックテスト機能

 

【ストラテジーテスター】ウィンドウが開きますので、各項目を設定します。

MT4のストラテジー設定ウィンドウ

 

①【エキスパートアドバイザー】か【インディケータ】を選択します

②バックテストを行うEAかインジケーターを選択します

③通貨ペアを選択します

④テストに使用するデータを選択します
[全ティック]利用可能な最小時間枠を使いすべてのティックを生成する最も正確な方法
[コントロールポイント]ひとつ下の時間枠を使ったおおまかな方法で、結果の信頼性は低い
[始値のみ]最も早い方法でバーの始めにしか動かないEA向け

⑤時間足を選択します

⑥通貨ペアに合わせたスプレッドを入力します
[現在値]バックテスト開始時のスプレッドが適用
[設定値]1=0.1pips

⑦バックテストを行う期間を指定する場合、チェックを入れます

⑧エキスパートアドバイザーの場合は【エキスパート設定】ボタンが表示され、詳細設定画面が開きます。インジケーターの場合は【プロパティ】ボタンが表示され、プロパティ画面が開きます

⑨すべて設定後、テストをスタートさせます

 

MT4のメタエディター機能

MT4には【メタエディター】と言うMQL言語を扱うエディター機能が搭載されており、オリジナルのEAやインディケーターを開発・編集する事が出来ます。

MT4メニューの【ツール】から【メタエディター】とクリックしますと、メタエディターが起動します。

MT4のメタエディター機能

メタエディター画面

 

表示が英語になっていましたら、【View】から【Languages】とクリックし、【Japanese】を選択します。

メタエディターの日本語化

 

【Restart】をクリックして、メタエディターを再起動させます。

メタエディターの再起動

 

プログラムを新規作成する場合は、ツールバーの【新規作成】をクリックします。

メタエディターでプログラムを新規作成

 

作成したいプログラムの種類を選択して、【次へ】をクリックします。

このページはプログラム作成方法ではありませんので、この先はそれぞれのプログラムの作成方法に従って、操作を進めて下さい。

MQL4ウィザード画面

 

主にこのメタエディター機能を使うのは、既存のインジケーターやEAのカスタマイズになります。ここでメタエディターを使うために、mq4ファイルとex4ファイルについて、解説しておきます。

インジケーターやEAを作成・ダウンロードした場合、【mq4】という拡張子のファイルが保存されます。

mq4ファイルはテキスト形式のファイルで、普通のテキストエディタで開いて編集することも出来ます。

 

このmq4ファイルをプログラムとして実行するためには、ex4と言う実行形式のファイルに変換する必要がありますが、この変換操作を【コンパイル(Compile)】と言います。

コンパイルとは、人間が読める文字で書かれたプログラムを、コンピュータが理解し実行できるバイナリというプログラムに変換する処理のことです。

 

コンパイルの方法を解説します。

まずコンパイルしたいmq4ファイルをメタエディターで読み込みます。

mq4ファイルをダブルクリックすると、自動的にメタエディターが起動し、mq4ファイルが読み込まれます。

MQLファイル編集画面

 

プログラムを修正後、またはそのままコンパイルする場合、ツールバーの【コンパイル】をクリックします。

MQLファイルのコンパイル

 

コンパイルが問題なく終了しますと、mq4ファイルと同じ場所にex4ファイルが出来ています。

もしプログラムに記述ミスなどがあると、コンパイルは失敗し、エラーが表示されます。

 

コンパイルが成功してex4ファイルが出来ても、コンパイル後に【warning】メッセージが表示される場合があります。

プログラムのバグの可能性を指摘していますが、動作に問題がない場合は、無視して構いません。

 

MT4のテンプレート・組機能

MT4では誤ってチャートを消してしまった場合、また最初から設定し直さなくてはなりません。

またいろいろなチャートパターンを検証している場合、全てのチャートパターンを1画面に表示させますと、画面内が煩雑になってしまいます。

そこで目的別や機能別などで、チャートパターンを保存しておけば、いつでも目的のチャートを表示させることが出来ます。

またパソコンのトラブルやMT4の不具合などにより、MT4を入れ替えた場合、チャートパターンデータを残しておきませんと、チャートの再現が出来なくなってしまいます。

予期せぬトラブルはいつ起きるかわかりませんので、必ずチャートデータは保存しておきましょう。

 

定型として保存・適用する

チャートを保存・適用する場合、次の2パターンがあります。

1.定型として保存・適用
1つのチャートの設定を保存・適用する

2.組として保存・適用
複数のチャートの設定や表示位置等を保存・適用する

単純にチャート設定だけを保存したい場合は、「定型」でテンプレート保存し、複数チャートの組み合わせごと保存したい場合は「組」として、セット保存するという事になります。

 

定型として保存・適用する

保存したいチャートを選択し、MT4メニューの【チャート】から【定型チャート】【定型として保存】とクリックしていきます。

MT4チャートを定型として保存・適用

 

ファイル名を任意のファイル名に変更し、【保存】をクリックします。

tplファイルとして保存

 

保存はこれだけで完了ですが、保存されているかどうかを、念のため確認しておきます。

 

確認用に新規でチャートを表示させます。MT4メニューの【ファイル】から【新規チャート】とクリックしていきます。

確認するだけですので、通貨ペアと時間足は何でも構いません。

定型チャートの保存確認

 

新規でチャートが表示されますので、MT4メニューの【チャート】をクリックし、【定型チャート】にマウスポインターを合わせますと、定型チャートの一覧が表示されますので、保存したチャートのファイル名をクリックします。

定型チャートの一覧表示

 

そうしますと、新規チャートに保存したチャートが表示されます。

 

またこの定型チャートをデータとして保存し、別のMT4にも適用する事ができます。

パソコントラブルやパソコンを変えた場合など、MT4を新規インストールした時に利用します。

 

MT4メニューの【ファイル】【データフォルダを開く】とクリックしていきます。

MT4のデータフォルダを開く

 

データウィンドウが開きますので、【templates】をダブルクリックして開きます。

【templates】フォルダを開く

 

保存されている定型チャートの一覧が表示されますので、保存した【.tpl】ファイルをコピペで任意のフォルダにバックアップしておきます。

.tplファイルをバックアップ

 

この定型チャートを新規のMT4で適用するには、【ファイル】【データフォルダを開く】をクリックし、データフォルダを開きます。

保存しておいた定型チャートファイルをコピペで【template】フォルダの中にインストールします。

.tplファイルをインストール

 

ここでデータウィンドウを閉じて、一度MT4を終了させます。

MT4を再起動させ、MT4メニューの【チャート】をクリックし、【定型チャート】にマウスポインターを合わせますと、定型チャートの一覧が表示されますので、ここに定型チャートが表示されていれば、定型チャートの適用が完了です。

 

組として保存・適用する

次に「組」として複数チャートを保存する方法について解説します。

定型として保存する方法では1つのチャートをテンプレートとして保存しましたが、「組」での保存は、複数のチャートの設定や位置、大きさをそのまま保存する方法、つまり画面に表示されているそのままの形を保存するという事です。

保存したいチャート状態で、MT4メニューの【ファイル】をクリックし、【チャートの組表示】に、マウスポインターを合わせます。表示されたメニューから【名前を付けて保存】をクリックします。

MT4チャートを組として保存・適用

 

任意の名前を入力し、【OK】をクリックします。

チャートの組に任意の名前で保存

 

ここでMT4を再起動させます。

先ほどの定型でも同じですが、この再起動を忘れますと、適用されません。

 

MT4メニューの【ファイル】をクリックし、【チャートの組表示】にマウスポインターを合わせます。メニューの中に保存した組が表示されていれば完了です。

チャートの組に保存されているかを確認

 

この組名をクリックしますと、保存した組表示に変わります。

またこの組表示は、MT4画面の下部にある【組表示タブ】をクリックしても表示できます。

組表示タブからの表示

 

定型と同じく、このチャートをデータとして保存し、別のMT4にも適用する事ができます。

パソコントラブルなどでパソコンを変えた場合など、MT4を新規インストールした時に利用します。

 

MT4メニューの【ファイル】から【データフォルダを開く】とクリックしていきます。

MT4のデータフォルダを開く

 

データウィンドウが開きますので、【profiles】をダブルクリックして開きます。

【profiles】フォルダを開く

 

保存されている組フォルダの一覧が表示されますので、保存した組のフォルダをコピペで任意の場所にバックアップしておきます。

組のフォルダをバックアップ

 

この定型チャートを新規のMT4で適用するには、【ファイル】【データフォルダを開く】をクリックし、データフォルダを開きます。

保存しておいた組フォルダをコピペで【profile】フォルダ内にインストールします。

組フォルダを【profile】フォルダにインストール

 

ここでデータウィンドウを閉じて、一度MT4を終了させます。

再度MT4を起動させ、MT4メニューの【ファイル】をクリックし、【チャートの組表示】にマウスポインターを合わせますと、組フォルダの一覧が表示されますので、ここに組名が表示されていれば、組の適用が完了です。

 

MT4のショートカットキー機能

MT4の主な操作は、キーボードのショートカットキーに対応しています。普段はマウス操作に慣れていると思いますが、覚えればショートカットキーの方がスピーディーにMT4を使う事が出来ます。よく使う機能だけでも覚えておくと便利です。

ショートカットキーの一覧です。

-    チャートの縮小
+    チャートの拡大
→    チャートを右にスクロール
←    チャートを左にスクロール
↑    チャートを左に早くスクロール
↓    チャートを右に早くスクロール
F1    MT4のUserguideの表示
F2    ヒストリーセンターの表示
F3    グローバル変数の表示
F4    Meta Editorの起動
F6    バックテスト機能の表示
F7    EA利用時にプロパティを表示
F8    チャートのプロパティの表示
F9    新規注文ウィンドウの表示
F10    気配値をポップアップ表示
F11    チャートをフルスクリーン表示
F12    チャートを1本ずつ左にシフト
Shift + F12  チャートを1本ずつ右にシフト
Alt + 1    バーチャートに切り替え
Alt + 2    ローソク足に切り替え
Alt + 3    ラインチャートに切り替え
Ctrl + D   データウィンドウを表示
Ctrl + E    自動売買の開始・停止
Ctrl + F    カーソルを十字カーソルに変更
Ctrl + G    グリッド線の表示・非表示を切り替え
Ctrl + H    チャートの左上の寄付、終値、高値、安値の非表示
Ctrl + I   「表示中のインジケーター」ウィンドウを表示
Ctrl + L    ボリュームの表示・非表示の切り替え
Ctrl + M   気配値表示・非表示の切り替え
Ctrl + N   ナビゲーターの表示・非表示の切り替え
Ctrl + O   オプション画面の表示
Ctrl + P   印刷画面の表示
Ctrl + R   Strategy Testerの表示・非表示の切り替え
Ctrl + S   選択したチャートをデータとして保存
Ctrl + T   ターミナルの表示・非表示の切り替え
Ctrl + F6   表示中の別のチャートを選択

MT4の機能は【MT4操作方法(初心者編)】と併せて、ほぼこれで全てと言っても良いでしょう。手法に関する機能やMQL言語のプログラミングに関する機能は省略しましたが、それぞれの記事で解説します。

海外FX会社を利用するのであれば、MT4は必須ツールです。必ず使い方をマスターしましょう。MT4を使いこなしておけば、プラットフォームの主流がMT5に移行しても、それほど大きな操作方法の違いはありません。

またMT4は多くのトレーダーが利用していますので、手法やツールの共有性も非常に高く、情報も多いです。必ずあなたのFXトレードに欠かせないパートナーになる事でしょう。

 

勝ちトレーダーが参加する限定無料コミュニティのご案内

勝ちトレーダーが参加する無料LINEコミュニティ

「トレード手法の販売者が売るためのコミュニティ」は数多くありますが、「トレード手法の実践者が本音の生情報をやり取りするコミュニティ」は見たことがありますか!?

そんな貴重なコミュニティをご紹介します!

参加無料ですので、こちらをクリック&タップしてお気軽に参加してみて下さい!

コミュニティに参加してFX勝ち組になる

FXで勝てるようになるために必要なのは、実際に勝っているトレーダーの「生の声」と「本物の情報」です!

「このコミュニティのおかげで勝てるようになりました!」
「今では毎月●●万円の利益です!」
「この手法に出会えてラッキーです!」

このようにリアルな体験や結果が続々と投稿されています。

まずは一度参加してみて下さい!

コミュニティに参加してFX勝ち組になる