FXで勝つためのリスク管理とテクニカル・ファンダメンタル分析手法

<FXで勝つためのリスク管理とテクニカル・ファンダメンタル分析手法:目次>

  1. リスク管理の意味とやり方とは?
  2. リスク管理で知っておくべきポイント
    ●「計画」で自分に出来るトレードを知る
    ●「実行」で実際にトレードを行う
    ●負けた原因を「分析」し、「改善」することでトレードが終わる
  3. 必ず覚えておきたいローソク足の読み方
  4. まずはデイトレードから始める
  5. ファンダメンタル分析の考え方や仕組みを理解する
  6. リスク管理からトレードスタイルを考える
  7. 勝ちトレーダーが参加する限定無料コミュニティのご案内

「FXは難しい」
「FXはリスクが高い」

そんな言葉をよく耳にしますが、これらの壁は正しい知識をインプットすることでリスクを抑えつつ、リターン(利益)を増やすことが可能です。

そもそも資産運用はリターンのみを考えて取引するより、リスク管理が出来ているトレーダーの方がリターンを増やしています。

それほどリスク管理をしているかしていないかで結果が大きく変わってきます。

そこでこのページでは、FXに必要なリスク管理の基本から、ファンダメンタル・テクニカル分析手法まで解説していきます。

 

リスク管理の意味とやり方とは?

FXに限らず投資を知ったときに聞く言葉のひとつがリスクです。

このリスクという言葉は、何か行動を行った時に損をする可能性があるという意味です。

つまりリスク管理とはリスクをゼロには出来ないが損失を出来るだけ小さくし、利益を出来るだけ大きくするための管理方法という事になります。

 

リスク管理の意味とやり方リスク管理の意味は解説しましたが、ここから具体的にどのような管理をしていくのか解説していきます。

管理の一つの覚え方として、計画、実行、改善が有ります。

これはリスク管理の基本で、「計画」は自分の資金量を考慮し、どのような取引を行うか、そして取引のルールなどを決めます。

「実行」は、計画で決めたことを守りながら取引を行うこと。改善は、実行の結果リターンがどのくらい出たか確認して、その結果から計画を更に改良していきます。

リスク管理というととても難しいイメージがありますが、このように整理して考えると仕事など、物事を進める時のやり方と似ています。

 

リスク管理で知っておくべきポイント

具体的なリスク管理の方法と抑えておくポイントを計画から改善に分けて解説します。

 

「計画」で自分に出来るトレードを知る

まず「計画」の段階ですが、自分の性格、資金量、FXが出来る時間帯を把握します。

性格を知る意味は、短期間の売買で利益を出していくか、長期間の売買で利益を出していくかというFXトレードスタイルを決める上で重要な要素です。

つまり「せっかち」か「のんびり」した性格かどっちかということです。

 

せっかちな性格であれば数分から数時間の超短期トレードや、1日から1週間以内の短期的な売買が合っています。

のんびりした性格であれば1ヶ月以上の長期トレードに向いているということです。

もちろん、他の要素からも判断していくので、ここでは大まかな性格分析で構いません。

FXトレードが行える時間帯ですが、これは自分がいつFXトレードを行えるか把握することで、どのような通貨で取引するか、いつ市場分析するかといった取引のサイクルや戦略を考える上で大切になっていきます。

資金量は自分がどの程度FXに投資できる資金があるか、その資金からどれだけ儲けを出したいか、どのような目的で資金を使うか整理することで、損失の限度額と必要な資金額を把握しておきます。

 

「実行」で実際にトレードを行う

「実行」に関するポイントは無限といってもいいぐらいあるので、これからFXをするにあたって一度にそれらを覚えようとしても逆に判断出来なくなり、挫折してしまうことになります。

最初は2つの分析方法を覚えることが大切です。

まずテクニカル分析から説明します。

 

テクニカル分析は、別名チャート分析とも言います。

株価や為替が上下している画面ですが、誰もが一度は見たことがあると思います。

このような何かしらの価値の差を視覚的に表したものをチャートと言います。

 

FXのチャートは円やドル、ユーロなどの為替を表しているのですが、このチャートを分析することがテクニカル分析です。

プロのFXトレーダーの中にはテクニカル分析のみで100%稼げるという話もありますが、実際は100%稼ぐことは出来ません。

あくまで勝率を上げる方法であり、過去のチャートパターンをルール化した知識と言えます。

 

負けた原因を「分析」し、「改善」することでトレードが終わる

「計画」し、トレードを「実行」したらそれで終わり、ではありません。

勝ち負けを分析し、「改善」する必要があるのです。

勝ちは分析の必然の結果であり、特に改善の必要はありませんが、大切なのは「なぜ負けたのか」を分析する事です。

その原因を改善していかなければ、次以降のトレードでも同じことを繰り返してしまいます。

FXで勝つポイントは「なるべく無駄な負けを減らす」事です。

負けトレードの分析結果を、いかに「改善」していくかが最も大切なポイントなのです。

 

必ず覚えておきたいローソク足の読み方

これからテクニカル分析からFX取引を始めたいという方が覚えておくべきことは、チャートの読み方です。

チャートはFXに限らず、株式投資など、他の投資にも共通のツールなので、FXトレードの基本中の基本です。

 

まずチャートにはローソク足というものが表示され、これを見れば一定期間の相場の流れが分かるようになっています。

このチャートの時間的な基準は1日や1週間と様々な設定がありますが、それらの期間の最小の時間を一つのローソク足で、安値、高値、始値、終値の4種類が表示されます。

例えば日足(時間的な基準が24時間であるローソク足)を見ることで、1日の値動きが分かるようになるという仕組みです。

 

必ず覚えておきたいローソク足の読み方このローソク足は陰線と陽線があります。

「陰線」は主に黒っぽい色でローソク足の上部分が始値、下が終値を表示しており、このローソク足が出たときは終値が始値より安くなっていたということです。

逆に「陽線」は主に白っぽい色で前述と逆の表示で、終値が始値より高かったということになります。

 

他にもローソク足にはパターンがあり、

①一度下げてから上昇、上昇してから下がる
②始値と終値が同じ、右肩上がり、右肩下がり、高値へ飛んだが結果下がる
③安値へ動いたが結果上昇

このような値動きが、ローソク足一つで読み取れるようになっています。

チャート分析を繰り返し行い、ローソク足に慣れてくることで、ローソク足を見ただけで、ある期間の値動きを頭の中でイメージ出来るようにるのです。

 

まずはデイトレードから始める

これからFXトレードを始めるという方は、まずはデイトレードから始めて下さい。

 

FXのトレードスタイルには大きく分けて、短期トレードの【スキャルピング】、中期トレードの【デイトレード】、そして長期トレードの【スィングトレード】の3つがあります。

このうち短期トレードのスキャルピングは、トレード分析もエントリーも決済もスピードが必要で、ある程度の経験がないと、そのスピードについて行けません。

またリスク管理的にも、初心者が行うトレードスタイルではありません。

 

それでは長期トレードでゆっくりと始めた方が良いのかと言いますと、これも初心者には向きません。

長期トレードになりますと、トレードを始めてから決済を行うまで時間がかかり、トレード経験を積むには非常に長い期間が必要になります。

また長い期間で利益を積み上げていくトレードスタイルのですので、大きな資金がないとトレードをする意味がないとは言いませんが、少ない資金ですと投資効果は低くなります。

預金感覚でFXをしていく方なら長期トレードもありですが、トレードと言う意味ではベテランで資金量が多いトレーダー向きです。

 

そこで初心者におすすめなのが【デイトレード】なのです。

まず初心者はデイトレードから始め、資金が溜まったら長期トレードにシフトしても良いですし、逆によりアグレッシブなFXトレードを行いたいのであれば短期トレードにシフトすれば良いのです。

ただ短期トレードと長期トレードでは、リスク管理的にも真逆になりますので、自分の性格やどんなFXをやりたいのかを、しっかりと考えておく必要があります。

その自分のトレードスタイルを決める「猶予期間」と言えるのが、デイトレードを行う期間とも言えるのです。

 

ファンダメンタル分析の考え方や仕組みを理解する

ファンダメンタル分析は、世界情勢や経済状況を分析する方法です。

FXでは主に、各国の経済状態を指標化したものをベースに分析していくことをファンダメンタル分析と言っても良いでしょう。

しかし、ファンダメンタル分析と言いますと、難しい言い回しと経済指標という難しい資料を分析するため敬遠されがちですが、少し視点を変えて見ることでファンダメンタル分析は非常に有効な分析方法であることが分かります。

ここではファンダメンタル分析の考え方や仕組みについて解説します。

 

FXの世界で為替に影響する要因とは何でしょうか。

それは各国の景気や政治、経済などが考えられますね。

あるいは季節によって為替が動くこともあるでしょう。

 

例えば、日本の景気が良く、アメリカの景気が悪ければ円の価値が上がり、ドルの価値が下がります。

円高ドル安の状況ですね。

つまりドルより信頼の高い円を買うことで結果として円を保有する人が増えるということです。

 

この情報はテクニカル分析では読み取れません。

そこで、経済指標などの資料を分析することで通貨の信用や景気の良し悪しを判断するのです。

簡単に言えば、国の経済が今どのような状態になっているのかを分析し、他の国の状態と比較し、トレードを行うという事です。

 

ただこのファンダメンタル分析は長期トレードで効果がある方法です。

よほどの突発的な出来事であれば別ですが、国レベルの数字が実際の経済に反映してくるのは数週間や数か月、場合によっては年単位に亘ります。

つまりFXトレードが長期になればなるほど、このファンダメンタル分析が重要になり、短期トレードになればなるほどテクニカル分析が重要になるという事です。

 

リスク管理からトレードスタイルを考える

リスク管理からトレードスタイルを考えるリスク管理は資金管理でもあります。

少ない資金を大きく増やすのであれば短期トレードになりますが、証拠金を大きく入れなければ利益は大きくなりません。

しかし資金的にリスクを高くするのであれば、当然損切りでリスク管理をしなければなりません。

つまり利益確定と損切りをスピーディーに行う必要があるのです。

 

逆に長期トレードを行うのであれば、資金的なリスクを低くし、余裕のある証拠金設定をする必要があります。

つまりある程度の含み損(確定前の損失)を想定して、その分利益確定も大きく取る必要があります。

 

どちらのトレードが、資金的にもスタイル的にも合っているかを検討し、そのトレードスタイルに合ったリスク管理、資金管理をしなくてはなりません。

証拠金に見合わない含み損を抱えたり、逆に安全を優先し過ぎて、FXをやる意味がない程度の利益を取っても、どちらもリスク管理的に問題があります。

資金とトレードスタイルに合ったリスク管理と資金管理をするようにしましょう。

 

勝ちトレーダーが参加する限定無料コミュニティのご案内

勝ちトレーダーが参加する無料LINEコミュニティ

「トレード手法の販売者が売るためのコミュニティ」は数多くありますが、「トレード手法の実践者が本音の生情報をやり取りするコミュニティ」は見たことがありますか!?

そんな貴重なコミュニティをご紹介します!

参加無料ですので、こちらをクリック&タップしてお気軽に参加してみて下さい!

コミュニティに参加してFX勝ち組になる

FXで勝てるようになるために必要なのは、実際に勝っているトレーダーの「生の声」と「本物の情報」です!

「このコミュニティのおかげで勝てるようになりました!」
「今では毎月●●万円の利益です!」
「この手法に出会えてラッキーです!」

このようにリアルな体験や結果が続々と投稿されています。

まずは一度参加してみて下さい!

コミュニティに参加してFX勝ち組になる